2013年09月26日

博多

9月13〜15日まで博多にいた。出張帰りに寄ったのだが、毎年の散策でもある


さてさて

13日に鹿児島から新幹線「さくら」に乗って、北上。夕方6時頃に博多に着いた。

まだ外は明るかったものの、相変わらずの一人旅のわびしさというものが感じられた。まあ、しかしそれもまたよいもの・・・。仕事からの切り替えをするため、ホテルの近くでマッサージを受けた。施術した人(男ですよ・笑)に言わせると、左足を使いすぎて、少しバランスが悪く、その影響が“首”“頭痛”につながっているとのことだ。結構、首はゴリゴリされて痛かった。あとたわいもない会話で博多の観光スポットを聞いたが・・・・・「買い物するにはいいところなんですけどね〜」とのこと


ふむ


翌14日は散策だ。特に予定を決めていないので、遅めの出陣。まずは動植物園に行った。動物園で一人、ぼんやりとしたかったせいもある。博多から天神に出て、薬院大通で下車して、歩いた。夏のへたばりそうな暑さが、つらくとも心地よかった。なんか合宿とかで荷物を背負っていったような感覚にもなったのだろう


動植物園は小高い丘(山?)を使ってできていた。動物数、広さ的にはさほどでもないが、高低差のあるバランスをとった配置で疲れと楽しさを感じられる所であった。

ただ、当初の予定のぼんやりするには難しかった。大勢の家族連れと、休むことのできるベンチが結構日差しが強いせいもあったからだ


暑さのためか、ツシマヤマネコも奥に引っ込んでいてわからなかったのも残念。久々のせいか、動物園の居心地の良さは満喫できたとも思う


ふむふむ


お昼は相変わらずお腹の調子に不安があるため、食べずに行脚。次にいったのは、薬院から雑餉隈へ。そこから南福岡を通り過ぎた先に、猫カフエ・うさぎカフェがあるからだ。地元・都内近辺でもあるのだが、こういう機会でないとなかなか行けないので入ってみた


ペットはインコしか飼ったことがないので、思いのほか臭気が強かった。猫は涼しい部屋の中でほぼ昼寝をしている(笑)。うらやましい限りの光景だ。100円で餌を買うと、プラスティックのケースでカタカタのなる音に気付くと、ぱっと面をあげてすぐさま“ニャーニャー”と集まってきた。これはすごく、収拾がつかないくらいである(餌がなくなるとすぐ散会であるがね・笑)


うさぎは、部屋を分かれていた。子うさぎと少し遊んだのだが、なかなか抱かせてくれないツンデレ状態である。あと、かじられると少し痛いので、これが大人になるとどうだろうかとも感じた


猫、犬、うさぎ・・・いつか飼ってみたい

さてさて


昼も食べずの行脚で、電池切れ、ホテルに戻り、しばし休憩して14日は終わった。夕食はとんこつラーメン。結構、豚の臭みが強かった


15日は少々問題であった。台風18号の影響がぽつぽつと目に見え始めたからだ。

午前10時過ぎに放生会の箱崎宮に行った。毎年、このためだけに寄るといっても過言ではない。今年はつとにそう感じた。もし子供がいたら、この祭りを毎年楽しみにして連れてこれたらとね。仕事があれば博多に住みたいものだ


やれやれ


今回、見世物小屋はあった。少しバージョンアップしていたが、お峰さん系統ではなさそうだ(月蝕系か?)。お化け屋敷も2軒あり、これだけの箱モノが出るのはここしかない。それだけでも感涙ものである。いつも通り、鳩みくじとしめた。ここは、おみくじに景品がスタンプされていて、何かしらの物がもらえる。これまでは、箸、メモ帳、スティックシュガー、福銭ともらい、そして今回は“福かざり”であった。そして大吉(大吉率も結構高いと思う)。気持ちよく博多を去ることができた


台風のせいで、帰る飛行機は50分遅れ、さらに羽田まで2時間近くかかった。翌日だったら、帰れなかっただろうとも思う


小悪魔ageha 武藤静香プロデュース rady(レディー) セットアップ最新情報!!


posted by まさと at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。